試合前のアップは重要!身体を温めてレースに挑もう!

試合前のアップしていますか?

試合前のアップ

久しぶりの記事になります。

 

水泳の試合シーズンに入ったので、選手の引率やらなんやらで大変忙しい日が続いておりました。やっと落ち着きましたので、ここらで新記事を(笑)

 

今回は、マスターズの大会も増えてきましたので、試合前のアップについて語ろうかと思います。

 

みなさんは試合前のアップは行っていますか?試合前に疲れたら本番で発揮できないと思い、アップ自体を全くしていないという方も入れば、念入りにがむしゃらに行っているかた、泳がずに筋トレやストレッチをする方、いろんな方がいますね。

 

アップは、なにも水泳だけに限った話ではありませんが、このアップは大変重要なものとなります。

スポンサードリンク



レース本番でキレのある身体であるために、アップで身体を温める

 

アップはあくまでも身体を温めて、キレのある状態を作ることを目的とします。なので、本来はレース直前まで身体を動かしておくのが良いのです。ただ疲れてしまっては意味がありませんので、あくまでも身体が温まるくらいです。

 

もしこの状態が作れていないと、レース本番では通常の練習よりも爆発的な力をだしますので、飛び込み時、レース中、ターン時といろんな場面で足がつったり、身体のあちこちの筋肉を痛める可能性があります。

 

そうならないためにも、レース直前までは身体を温めておきます。

招集時はウェアーをきて身体を冷やさないようにする

招集がかかるのはだいたいレース30分前とか多いですよね。せっかくアップして身体があったまったのに、冷えてしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

そうならないためにも、招集時の時はウェアーを着るようにしましょう。マスターズの大会でも、ほとんどの方は、水着のままですよね。これだと一気に身体が冷えます。まぁ、招集時にはウェアーなんかきてたら、めちゃくちゃ泳げる人のように見えますが、そこは気にしないでおきましょう(笑) 待っている間、飛んだり身体を動かしたりして、少しでも身体を温めて冷やさないようにしましょう。

できることならアップ後は水着も着替えよう

アップ時に泳いだ水着は本当は着替える方がいいのです。

 

試合水着でアップされている方もいますが、濡れたままでいると体も冷えますので、アップで泳いだ後、身体の水分をよくふきとってから試合水着を着用、さらにウェアーを着ると、なおよしです!

 

このようにアップは重要な意味があります。がっつりと泳ぎ込む必要もありません。ようは本番直前で身体が温まってれば、普段の成果が発揮できるかと思います。

 

まだまだシーズン続きますが、頑張っていきましょう!


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ