できるだけ膝・足首を伸ばして、太ももから動かす

背泳ぎについては、キックでの推進力はプルと比べると劣りますが、力強いキックをうつ事で姿勢の維持を保つことができます。

 

背泳ぎのキックは少し膝を曲げたキックとなるのですが、意識としては逆に膝を伸ばして、太ももから動かすようにしてみましょう。こう意識することで水圧によって自然に膝の曲がった理想な脚の動きになります。膝を曲げるという意識を持ちすぎてしまうと逆に不自然な動きになり、水面から膝がでて推進力を出す事ができません。いわゆる自転車キックという状態になります。

 

キックには、アップキックとダウンキックの2種類があります。
スポンサードリンク



 

アップキックとダウンキックをものにしよう

アップキックは、下から上に足の甲で蹴り上げるキック。ダウンキックは上から下に足の裏で蹴り下げるキックの事をさします。

 

アップキックで身体を進行方向に進める為の推進力を生み出します。ダウンキックは下にキックをうつことで身体を浮かせる効果があります。アップキックとダウンキックの2面性でキックはより効果的な推進力を生み出します。

 

ただ、これを練習時に意識しすぎると、ぎこちないキックになりやすいです。実際にあった話で、この練習をしていた方が、アップ、ダウンを両方の脚に意識して行いすぎて、むちゃくちゃなキックになってしまいました。頭の中でパニックを起こされたようです(笑)

 

練習時はアップ、ダウンのどちらかに絞って行うとよいです。最初の頃はアップよりもダウンキックを意識的に行うとよいと思います。下に蹴りおろすキックの力によって身体が浮いてきますので、何度も練習して姿勢を水面近くで維持できるようにしていきましょう。慣れてきたら、今度はアップキックの意識を持ち、力強いキックと推進力を養います。

 

背泳ぎのキックは、おそらく4泳法のキックで一番嫌煙されるキック練習と捉えている方も多いですが、頑張って練習してみましょう。