伏し浮きで姿勢を改善する

伏し浮きができない人が多い

0de64d6d89b951967e703ec75e163c30_s

水泳初心者だけではなく、実は上級者も伏し浮きが出来ない人は多いです。特に筋肉質の男性に多く、逆に女性は伏し浮きが出来る方が多いです。

 

筋肉質の男性は体脂肪率も低いのでその分筋量があるので沈みやすいのです。

 

女性は男性に比べると体脂肪率も高く、その分浮きやすい傾向にあります。

 

じゃあ、スイマーはいい身体しているから沈みやすいのかというと・・・
意外とスイマーは体脂肪率は高い方なのです。

スポンサードリンク

 

だるま浮きから伏し浮きにつなげる

もともと人間の浮力は肺のあたりにありますが、重心はおへそ付近にあるので、浮力と重心のバランスがとれずに下半身から沈んでしまいます。

 

まずは「だるま浮き」からやってみましょう。

 

だるま浮きは、膝を抱え込んで背中だけを浮かします。その際はアゴを引いて、息をいっぱい吸ってください。息を止めて肺に空気を残し浮き袋のようにします。

 

これで背中がうければ、徐々に手足を伸ばしていきましょう。

 

最初はうまく行かないと思いますが、何度も何度も繰り返し練習すれば浮けるようになります。

 

伏し浮きはすべての泳ぎの基本である

伏し浮きは、すべての泳ぎの基本になります。

特に最近はフラット泳法と呼ばれるしっかり身体を浮かした泳ぎが主流になってきています。

 

水泳上級者も最初のアップ時にでも、伏し浮きおよびけのびで状態を確認しましょう。

 

いい動画がありましたので、確認してくださいね。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

2 Responses to “伏し浮きで姿勢を改善する”

  1. […] これができないのであれば、伏し浮き・けのびで姿勢を改善する必要があります。 [関連サイト] 伏し浮きで姿勢を改善する […]

  2. […] ・伏し浮きで姿勢を改善する ・息継ぎを克服する スポンサードリンク […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ