泳いだ後に首が痛くなるのを防ぐには?

泳いだ後に腰が痛くなるについては以前述べました。

泳いだ後に腰が痛くなるのを防ぐ方法

水泳をしたあとの悪影響として、腰痛についで多いのがこの首痛です。みなさんも一度は経験あるのではないでしょうか?

 

水泳をしたあとの首痛は何故おきるのでしょうか?
スポンサードリンク



 

それは無理な呼吸をすることにより、首にストレスがかかっていることが大抵だと考えます。

 

泳法別に分析してみましょう。

 

まずはクロール。

 

クロールは左右に呼吸をします。初心者の方は、息継ぎをする為に必死で顔を水上に上げようとします。これが首痛をまねく原因です。

 

首を無理にひねる為に痛みが発生するのです。

 

呼吸をする際は、首を無理にひねるのではなく、肩を持ち上げるようにしてゆっくり頭を横に向けるように意識してみてください。

 

あとは、いつも同じ方向の呼吸をするために、単に片側にストレスがかかってしまうパターンがあります。

 

 

たまに逆方向の呼吸をすることで痛みがでない場合がありますので試してみてください。

 

次に平泳ぎ。

 

平泳ぎも首痛を引き起こしやすい泳法です。

 

前呼吸なので、クロールと同じく呼吸時に首にストレスがかかりやすいです。特に初心者の方はアゴの上げ下げにより、下→前方→下→前方と首を振りながら呼吸するので、首痛も発生しやすくなります。

 

平泳ぎの呼吸はアゴをあげて首を上げ下げするのではなく、むしろアゴをひいて目線を斜め前において、猫が首をつかまれて上に持ち上げられるようなイメージで呼吸します。

 

バタフライも、平泳ぎと大体同じ理屈です。

 

背泳ぎについては、特に首痛を引き起こすことはないのですが、まれに腕を回す際に頭が上下に動く方がいて、それにより首痛を引き起こす可能性もあります。

 

以上、泳法別に首痛を引き起こす原因を述べてきましたが、結局は呼吸時に首を無理に動かし過ぎなのが原因です。

 

首痛が発祥した場合は、無理せずにしばらく泳ぎを休むなりしてくださいね。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ