背浮きが簡単にできるようになる

背浮きは水慣れの一つ

278136

みなさんは背浮きはできますか?

 

背浮きの逆に伏し浮きがありますが、実は伏し浮きよりも背浮きのほうが簡単にできます。

 

ちなみに私は背浮きは水慣れの一つとして練習メニューに取り込んでいます。

 

まだ水に慣れていないかたが背浮きをやると、大抵の方は慌てます。

 

上を向いて浮いているわけですから、初心者の方からすれば、水に対して背を向けていること自体に恐怖心が生まれるのです。

 

ですので、水慣れの一環として背浮きは導入すべきだと私は考えています。

スポンサードリンク



さて初心者の方が背浮きを練習するには、まずビート版をおなかに抱えて力を抜いて浮いてみましょう。恐怖心は和らぐと考えます。

 

実際の背浮きは、普段、布団に寝転ぶように浮きます。

注意点としては、

・力まない
・顎を上げすぎず、引きすぎない
・おなかをへこまさない
・胸をはらない

順に解説していきます。

 

背浮きは力まない

別に背浮きに限った話しではないですが・・・伏し浮きでもなんでも、力むと沈んでいくものです。

 

大きく息を吸い息を止め、肺を浮き袋代わりにして、ゆったりと全身の力を抜いて浮いてみましょう。

 

背浮きは顎を上げすぎず、引きすぎない

顎を上げると上方向の力が働くので、下半身が沈みやすくなります。

 

逆に顎を引きすぎると、今度は腰が落ちやすくなります。

 

先ほど述べたように布団に寝るように、まっすぐの姿勢で真上を見て浮いてみましょう。耳が水に浸かっていればOKです。

 

背浮きはおなかをへこませない

先ほども述べましたが、顎を引きすぎても、逆の力が働き腰がおちやすく、この体制になりやすいです。

 

おなかはへこませるのではなく、どちらかというと、おなかとお尻を持ち上げる意識の方が大事だと言えます。

 

背浮きは胸を張らない

これは、子供によくありがちな姿勢です。浮こうとして胸を張ってしまいがちなのですが、胸を張りすぎると、下半身が重力によって下がりがちになります。

 

先ほど述べたように、むしろおなかとお尻を持ち上げる意識を持ちます。

 

無理に体制を作らず、普通に寝るように浮くだけ

結論としては、無理に体制を作らず、普通に寝るように浮くだけなのです。しっかり息を吸って止め、ゆったりとまっすぐ浮いてみましょう。

 

背浮きは伏し浮きよりも簡単で、比較的すぐにマスターできます。

 

背浮きは水慣れ、背泳の基本にもなりますので、ぜひマスターしてください!


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ