水中ウォーキングのすすめ

310309

マラソンブームと同時に、ウォーキングについてもブームになっています。私もたまにですが、夜2時間程度10㎞歩くことがあります。

 

しかし、それ以上に水中でのウォーキングがいいのを知っていましたか?

 

陸上で歩くのと水中で歩くのとでは何が違うか??今回はその水中ウォーキングのメリットについてご紹介します。

スポンサードリンク



 

膝への負担が少ない

人間歩くと、腰・膝へ負担がかかります。特に体重が100㎏に近い方が歩くと、相当の負荷が膝にかかります。そのような方たちが陸上で1時間も2時間もウォーキングをすると、逆に膝を痛めてしまう可能性があります。

 

その点、水中なら、体重が1/10になりますので、100㎏の方でも理論上10㎏くらいになりますので、膝・腰の負担が一気に軽減します。なので、膝を痛める心配もなくウォーキングを行うことができます。

 

水圧の抵抗による運動強度増進

空気と違って、プールの中では水圧という抵抗を受けます。その抵抗を受けながらウォーキングしますので、陸上よりも水中の方がより効率的に運動強度を増やすことができます。

 

もちろんデメリットもあります。

 

気軽に始められない

通常のウォーキングと違って、プールに行かないと行けないですから・・・

 

最近はほとんどのプールでウォーキング専用コースがありますので大丈夫だと思いますが、念のため専用コースがあるか確認しておきましょう。

 

水着になるのがめんどくさい

これ、結構多い意見です(笑) でも、ここは乗り越えましょう!(笑)

 

このように、水中ウォーキングはどんな方でも効率的に運動できるエクササイズです。陸上でのウォーキングもよいですが、特に体重がある方についてはお奨めです。

 

次回は、水中ウォーキングの仕方について説明いたします。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ