自分にあったひとかきひとけりを極める

 

平泳ぎのレースにおいて、飛び込みから浮き上がりですでに差がついてしまっていることが多いです。

 

ストリームラインを綺麗に作れる選手は飛び込み後にグーンと伸びます。さらに、ひとかきひとけりで一気に差がついてしまうのです。なので、ストリームラインが苦手な選手にとっては結構なハンデとなってしまいます。

 

実は私もそれほど綺麗なストリームラインを取ることができません。なので、平泳ぎのレースで悩んだこともあります。

 

そんなストリームラインが苦手な方は、平泳ぎのひとかきひとけりを改善することで、すこしでもハンデを軽減できると考えています。

 

ひとかきひとけりの改善って一言でいってもなかなか難しいところがあります。どうすればいいでしょうか?

スポンサードリンク



 

ひとかきひとけりをする際にはうねりを入れないこと

ドルフィンキックが許されるようになって、ひとかきひとけりでうねってしまう選手が多くなったのではないでしょうか?

 

うねりすぎてしまうと、飛び込み時の推進力を殺してしまいます。ドルフィンキックは小さい目にし、ひとかきひとけり時はできるだけまっすぐの姿勢を維持するようにしてみてください。

 

ドルフィンキックの入れるタイミングを考えてみる

ドルフィンキックをいれるポイントは以下の3つ。

  1. ひとかきひとけりを行う前
  2. ひとかきをするタイミング
  3. ひとかきを終えたタイミング

 

みなさんはどのタイミングでやっていますか?

 

練習時に①から③のタイミングのすべてをやってみてください。身体がグッと前に進む感覚があるタイミングがあるはずです。

 

実は私は①派だったのですが、最近になって②に変えています。実際やってみたときに②でやったほうが身体が前に伸びたのです。みなさんも試してみてください。その際、先ほども述べたようにドルフィンを打つ際にうねりすぎないように。

 

———-

一応、私が意識しているひとかきひとけりの大きなポイントを記載しましたが、細かいところをいえばまだまだ出てきます。

 

まとめると、ひとかきひとけりで推進力を殺してしまっては全く意味がないので、抵抗を少なくし、ドルフィンキックを有効につかって行うと良いと言えます。

 

ひとかきひとけりで悩んでいる方は、普段の癖がついているひとかきひとけりを一度リセットして、自分なりのひとかきひとけりを新たに見つけてみてください。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ