あおり足を改善する

平泳ぎは4泳法で一番難しい

212800

私は平泳ぎは4泳法で一番難しい泳ぎだと考えます。平泳ぎの何が特に難しいかと言えば、力強い安定したキックをうつことが難しいのです。

 

平泳ぎ以外の3泳法はキックに比べてプルが推進力を占めるのですが、平泳ぎだけはキックが推進力の源になります。

そのキックを極めれば平泳ぎは極めたようなもんですが、そう簡単にいかないのが平泳ぎのキックです。

 

子供でも平泳ぎのキックの習得に1年かかったり、大人では理屈はわかるけど、まったく蹴りの感覚がつかめなかったりと、平泳ぎのキックは本当に難しいのです。

 

あおり足

平泳ぎのキックで最初にはまるのが、この「あおり足」です。子供の場合は7割の子供達はあおり足になると考えます。

 

平泳ぎにキックは、足の裏、正確には土踏まずの面で水を後ろに蹴ります。サッカーでいえば、インサイドキックのような感じです。

 

これをどうしてもバタ足のように足の甲で蹴ってしまいがちなのです。
これがあおり足です。

スポンサードリンク



インサイドキックのように、土踏まずの面で蹴ろうとすると、しっかりと足首を曲げて、足の裏を水面に向けるようにしないといけません。

 

あおり足になるかたはまずこの足首をまげて足の裏を上に向ける練習をしてみましょう。

 

プールサイドに座ってキックの練習

キックの練習はプールサイドに座って練習するのがよいです。まっすぐ伸ばした足をかかとからプールサイドに引きつけます。
その際に足首をしっかり曲げて、足の裏が下を向くようにします。これを自分の目で見てみましょう。ちゃんと足首曲がってますか?

 

蹴るときは、引きつけた足を土踏まずの面で蹴って最後に足を伸ばします。

 

以下、参考動画をあげておきます。
この動画のなかで、この練習がありますので参考にしてください。

できれば2人で練習する

あおり足になっているかどうかは当人はなかなか気づかないものです。
もし練習のペアがいるのであれば、お互いにどうなっているのかを見合うのがよいです。

 

一人で練習するより、お互い教え合える相手がいるほど、上達するきっかけとなります。

 

最初でも述べたように、キックについては、平泳ぎで重要な要素です。この後の記事でも述べて行きます。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ