自分にあったキックを行う

キックは膝と膝の間隔を狭めると抵抗が減る?

平泳ぎのキックの理想形はあります。

例えば足の引きつけ時。書籍は大体は以下のように書いてあります。

「ひざを開きすぎると太ももが抵抗になるので、できるだけ膝の間を狭くする」

 

しかし、これを股関節や足首の固い人が行うと、効果的なキックができません。
なぜなら足の蹴る面(土踏まず)が後ろを向かないからです。

 

足首・股関節の柔らかい人は膝と膝の間隔を狭くする

あくまでも、膝と膝の間隔をせまくすることができるのは、足首・股関節が柔らかい人です。

 

おばあちゃん座りとよばれば座り方ができるでしょうか?

 

あと、膝をつけたまましゃがむことができますか?

 

これらが余裕でできた方は膝と膝の間隔をせまくしても、蹴る面が後ろに向くので、効果的にキックができます。

 

では、固い方はどうすればいいか?

スポンサードリンク



 

足首・股関節の固い人は膝と膝の間隔を広くする

逆に膝と膝の間隔を広くするのです。

 

でも、これだと太ももの抵抗が生まれてしまう・・・確かに抵抗は生まれます。

 

平泳ぎの推進力はしっかり蹴ったときに生まれます。

 

ようは、抵抗を少なくするために足首・股関節が固いのに膝の間隔狭めたせいで、しっかり後ろに蹴る事ができないのならば、

 

むしろ抵抗のある足の引きつけをしてでも、
蹴る面を後ろに向けしっかりと後ろに蹴る

 

という選択肢をとるのです。

 

まずかなり大きく膝と膝の間隔をあけた引きつけをしてキックしてしましょう。

 

これを徐々に間隔を狭めていき、どの間隔が自分に身体にあったベストなキックとなるかを実際の板キックで確認する事が重要です。

 

このように、すべて理想な形を求めるとうまく行かない場合があります。自分の身体にあったキックを行うことが一番大事なのです。

 

非常に参考になる動画をリンクしておきます。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ