平泳ぎキックの練習方法

平泳ぎキック

平泳ぎはキックがメインの泳ぎです。キックがしっかりできてこそ、平泳ぎが泳げる!って言えるくらい、キックが重要になります。

 

平泳ぎのキックの練習はいろいろあります。ここではいくつかご紹介したいと思います。
スポンサードリンク



 

【平泳ぎのキック練習①】壁キック

壁キックにも何種類か練習方法があります。

①上半身をプールサイドにうつ伏せ寝してキックの練習
→上半身を固定することで平泳ぎの足の動きだけに集中できます。初心者の方におすすめ。

②両手でプールサイドをもってキックの練習
→手だけで身体を支えるので、腰が沈みやすくなりますが、その分泳ぎに近くなります。

 

壁キックはできれば相手がいればベストです。平泳ぎのキックがあおり足になっていないか?しっかり後ろに水を押せているか?等を見てもらえれば上達も早まります。

 

できれば、中級~上級者もこの壁キックを行った方がよいです。

 

【平泳ぎのキック練習②】ビート板なし平泳ぎのキック

けのびをした後、しっかりと腕を前に伸ばし、呼吸をせずに平泳ぎのキックを数回行います。

 

この時に腰が沈まないように注意しましょう!

 

しっかりとストリームラインをキープしてキックするようにしてください。

 

ビート板をもってやってはだめなのかという意見もありますが、ビート板をもつなら顔をつけてやった方がいいです。

 

顔をあげてやると、ビート板の影響で上半身が浮くので、下半身が沈みやすくなります。ですので、初心者のうちは、顔をつけてしっかりと姿勢をキープしてキックをするようにしてください。

 

【平泳ぎのキック練習③】背面平泳ぎキック

あおり足もなくなったけど、いまいち推進力が出ないという方にはお勧めです。

 

両手を下にして背浮きをし、その体勢で平泳ぎのキックをするのです。

 

この時、膝が水面からでないように注意してください!

 

膝からひきつけるのではなく、かかとをお尻に近づけてキックするようにしましょう。

 

【平泳ぎのキック練習④】その他

その他、きおつけキック、片足キックなど、平泳ぎのキック練習はいっぱいあります。

(また次回にお話ししますね)

 

平泳ぎのキックを向上するためには、キック練習が一番です。

 

キックの練習は嫌だ!という方も多いですが、平泳ぎだけは避けて通れませんからね・・・頑張って練習していきましょう!


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ