平泳ぎのかきについて

平泳ぎの腕のかきが、いつまでたってもどう動かしていいかわからないという声をよくききます。実際にその方の腕のかきを見てみると、ぎこちなく動かしていたりします。

 

平泳ぎのかきについて、書籍でよく書いてある内容は、逆ハート形にかいてまっすぐ前にのばす ですね。私も子供のころはこう教わりました。そして今でも子供たちには有効な方法だと思います。イメージもわきますしね。

 

では、実際の平泳ぎのかきとは、どのフォームが理想なのでしょうか?
スポンサードリンク



 

まぁ正直、平泳ぎは8割がたキックですすむので、かきなんてキックの推進力を殺さなければなんでもいいとおもっているのですが・・・実際それだと指導にならないなので・・・(笑)

 

私が教える平泳ぎの腕のかきは、単に 横に開いて閉じる!これだけです。

 

イメージは、水面近くで軽く肘を曲げた状態で横に開き、身体の前で一気に閉じます。

 

前に伸ばすリカバリ動作は意識的に行うより、身体を前に重心移動させるれば、自然に前に伸びます。

 

横に開くときに手のひらを水面と平行になでるように開く方がいますが、これではしっかり水をとらえられません。しっかり手のひらで水をキャッチして腕を開くようにしましょう。

 

開くときの肘はまっすぐではなく、軽く曲げます。そして肘の位置は高い位置をキープしましょう。腕が伸びきっていると、力のある人はいいですが、力のない方は閉じる際にかなりのエネルギーを消耗します。

 

腕の開きは肩幅から少し開いた程度でいいです。これ以上広げるとタイミングがずれたり、腕を閉じる際に力がかかってしまいます。

 

そして、閉じるときは、手のひらを身体側に向けて一気にはさんでください。このときに身体の前で行うことが大事です。

 

平泳ぎのかきの練習は、プルブイをはさんでひたすら開いて閉じる、開いて閉じるを繰り返し練習しましょう。
スカーリングも有効な練習方法です。試してみてください。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ