バタフライは敷居が高い?

最近、私の所属しているスイミングでは、バタフライを自主的に行う方が増えてきました。
あんなに皆さんバタフライを避けていたのに・・・

 

バタフライと言えば、敷居が高く難しいので無理!って答える方が多いです。

 

確かにイメージとしては豪快に腕を振り回しながら泳いでいるイメージがあるかもしれません。男性のパワースイムの代名詞にもなっていますね。

 

しかーし、よく考えてみてください。

スポンサードリンク



バタフライは、力のない低学年の小学生の子達でも、出来る子はできます。また、女性のバタフライの方が美しいバタフライをします。

 

バタフライはちょっとしたコツで誰でも泳げる

そう、バタフライはムキムキのガタイの大きな方しかできる泳ぎではなく、小さな子供、華奢な女性でもできてしまうのです。

 

確かにパワーを使いますが、それ以上に技術・コツさえ身体に教え込ませれば、それほど難しい泳ぎではありません。

 

ちなみに、私は、4泳法の中で一番難しい泳法は、平泳ぎだと思っています。

 

次回、バタフライのコツについて記載していきます。