うねりのあるバタフライを泳げるようになる練習方法

バタフライは昔にくらべてうねりが少ない泳ぎになってきています。

 

今主流のフラットスイムがバタフライにも適用されています。

 

とはいえ、まったくうねりがないバタフライとなると、前で水の抵抗を受けながら泳がないといけなくなります。

 

男性の方はこれがパワーで可能となりますが、女性の方では腕が回らなかったりしますので、バタフライを泳ぐにはうねりを習得する必要があります。

 

うねりの練習でオーソドックスなものは「イルカとび」です。

 

この「イルカとび」、あなどってはいけません。意外とできるようになるまで時間がかかります。

 

特に年配の方は柔軟性のなさで、全くうねれない方が多いです。

 

では、このイルカとびを、平泳ぎのときにも使いました、最強の手書き図で説明します(笑)

※スマホ用のいいタッチペンがあったらご紹介下さい・・・
IMG_3647
スポンサードリンク




まず、両手を上にあげて立った姿勢から、目標を定めて斜めに潜ります。この時、指先、腕、頭、足という順に入水できればOKです。入水のときはアゴをひいてみると潜りやすくなります。

 

フラフープが使用可能であれば、フラフープくぐりをすればうまく潜れます。イルカショーのような感じです。私が子供にイルカとびを指導する際はこのフラフープを使っています。

 

次にその状態で弓なりにうねり上昇します。あがろうとするばかりに、無理に腕を上げてしまうと推進力を止めてしまいますので、顔を起こすようにしてみましょう。そうすれば自然に弓なりに上昇します。

 

上昇し終わったら立ちます。これでワンサイクル終わりです。これを何回も繰り返して25m進みます。

 

今回ご紹介した例は、両手を上に上げて潜るパターンでしたが、実際のバタフライのように腕を回して潜るという練習方法もあります。あとはたたずに連続してもぐってあがってを繰り返す、ここまでくるとほぼバタフライに近いですが・・・このように練習のアレンジはいっぱいあります。

 

イルカとびの練習はプールによってはコース制限により出来ない場合があります。確認してから練習してくださいね。


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ