クロールをゆっくり長く泳げるようになるコツ

伏し浮きと呼吸の練習が大事

212799

泳げるようになる目的は人それぞれ異なりますが、その中で「クロールをゆっくり長く泳げるようになりたい」って方がおおいです。

 

クロールを速く泳げるようになりたい」場合は、色々とクロールに対する練習に時間もかかりますが、ゆっくり長く泳げるようになるのはそんなに難しい事でもないです。

 

そもそもクロールを練習する以前に、「伏し浮き」と「呼吸の練習」をする必要があります。
それぞれは以下でも述べています。
伏し浮きで姿勢を改善する
息継ぎを克服する

 

スポンサードリンク



力まずにゆったりとした姿勢を保つ

長く泳げるようになるには力まずにゆったりとした姿勢を保つ事が必要です。その為にも伏し浮き・けのびの練習が必要です。

 

実際にクロールを泳ぐ際にも力まずに腕をまわします。ここで力んでしまうと、身体が沈んでしまいますので、身体で抵抗をつくってしまい、これでは長い時間泳げません。

 

そして、何より呼吸の仕方が重要になってきます。

呼吸を見直そう

もちろん呼吸時に姿勢が崩れないのも大事なのですが、それよりも呼吸自体がしっかりできていないと、過呼吸になったりしてしまいます。

 

息継ぎを克服するでも述べていますが、呼吸は吸うよりも吐く事が大事です。

 

息を意識的に吸うと、逆に苦しくなったり、水を飲んだりしてしまいます。病気でもなんでもないときの普段の生活でも意識的に息を吸うことってないですよね?

 

呼吸は、吐くと横隔膜の運動で自発的に息が取り込まれます。もちろんまったく息を吸わないということはないですが、この自発的に息を取り込むこめるので、息は吸うよりも吐く方に意識をおくようにしましょう。

 

水中では、鼻から息を吐く、顔を上げたときに、口から「パッ」と息を破裂的に吐く。このリズムを保てるようにします。

 

クロールで呼吸の練習する前に、水中歩行でこの呼吸練習を取り入れるとよいと思います。

気持ちも大事

長距離を泳ぐのは、気持ちも大事になります。「今日は1000m泳ぐぞ!」と意気込んでも、200mあたりで最初の山をむかえます。ここでやめてしまうかどうかで分かれます。乗り越えてしまえば、マラソンでいうランニングハイと同じ現象になり、どこまでも行けるようになります。

 

技術と気持ちを克服して、ゆったりと長く泳げるようになりましょう!


スポンサードリンク



2016年こそはベストを狙え!!

・あと1秒の壁をこえられない・・・
・マスターズ水泳・競泳で勝てない・・・
・トレーニングしても速くならない・・・

などなど・・・


元オリンピック日本代表が伝授する、マスターズスイマー必見のスピードアッププログラム!
続きはこちらからどうぞ!


平泳ぎでスランプに陥っている方に朗報です!

・身体が沈んでうまく前に進まない・・・
・何年も平泳ぎをしているが泳ぎ方がよくわからなくなってきた・・・
・タイムが伸びない・・・

などなど・・・


力に頼らず、平泳ぎを向上させるプログラム!
続きはこちらからどうぞ!

コメントを残す

このページの先頭へ